『なぜか息子の「右側」ばかりを歩く飼い犬』ある日、両親は理由に気が付いた!その理由とは!?

『なぜか息子の「右側」ばかりを歩く飼い犬』ある日、両親は理由に気が付いた!その理由とは!?

今回紹介するのは『なぜか息子の「右側」ばかりを歩く飼い犬』のお話。

両親は飼い犬が息子の右側ばかり歩く理由に気付きます。

画像出典元:metro.co.uk

その理由とは?

スポンサードリンク

マークくんと飼い犬のアルフィー

5歳の息子・マークくんと飼い犬のアルフィーはイギリス在住のキャノン夫妻宅で暮らすしています。

同い年でとっても仲良しの2人ですが、一つ気になることがありました。

画像出典元:metro.co.uk

外で歩いているときも、家の中でくつろいでいるときも…

アルフィーは、常にマークくんの右側にいるのです。

その振る舞いは、まるで盲導犬のようにみえます。

ただならぬ雰囲気を感じたキャノンさんたちは、息子を病院に連れて行き、精密検査を受けさせることにします。

スポンサードリンク

検査のその結果

マークくんの右目は、なんと「視力を失う寸前」という危険な状態にありました。

家族、そして本人でさえ認識できなかった異変に気づいたアルフィー。

画像出典元:metro.co.uk

他の誰よりも長い時間を一緒に過ごしていたからこそ、彼は親友のピンチを救うことができたのでしょう。

その後、マークくんの右目の視力は徐々に回復し、元気にサッカーができるまでになったそうです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

画像出典元:metro.co.uk

犬と人間の絆を感じるエピソードに、胸が熱くなりますね。

我が子のことは親が一番良く分かっていると思いがちだけれど、犬はそれ以上に特別なのかもしれないですね。

マークくんの右目が無事でよかったです。

参考元:metro.co.uk

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part2】俺『ラーメン、ネギ抜きで』するとネギ大盛りラーメンが出てきた!お金を置いて店を出ようとしたら・・・

【※ちょっとひといき漫画動画Part1】友人に貸した軽トラがガソリン空で返ってきた・・・友人がまた貸してと言ってきて・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。