【※小児病棟の画期的なアイデア】これなら手術の日が待ち遠しくなる!?『ベンツを自ら運転し手術室へ向かう子どもたち』

これなら手術の日が待ち遠しくなる!?『ベンツを自ら運転し手術室へ向かう子どもたち』

手術と言うと、誰もが不安と恐怖に押しつぶされそうになりますよね。

大人でさえもそう思うのに、

それが幼い子どもだったらなおさらです。

今回ご紹介するのは、そんな手術前の不安を少しでも取り除くため、

ある病院で行われている画期的なアイデアです。

ぜひご覧ください!

スポンサードリンク

ベンツで手術室へ向かう子どもたち

米カリフォルニア州「ドクターズ・メディカル・センター」にある

小児病棟には多くの子供たちが入院しています。

そこで導入された画期的なサービスがこちら!

https://www.facebook.com/modestobee/videos/287774775282706/

それは手術室へストレッチャーで運ばれるのではなく、

カッコいいベンツに乗りこみ、子どもたち自らが運転をして

手術室へ向かうのです!

スポンサードリンク

ベンツに乗る子どもたち、なんだか楽しそうですね!

この試みは、親と引き離され手術室へ向かう子どもたちの、

不安や緊張を少しでも取り除いてあげたいと、

看護師であるキンバリー・マルティネスさんの発案で導入されました。

これまでに手術室へ小児患者を搬送する仕事をしてきましたが、

ストレッチャーの上でおもちゃを使って気を紛らわすよりも、

より有効的なアイデアだったそうです。

対象年齢は2歳から7歳の体重30kg以下の子どもで、

自らが運転することも、医師がリモコンで運転を手伝うこともできるそうです。

いかがでしたか?

これはナイスアイデアですね!

これから待ち受ける手術に立ち向かっている子どもたち。

頑張っている彼らの心のケアをしてあげられる病院が

どんどん増えていってほしいものですね。

出典元:facebook

(facebookの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。