電話先で『上司を出せ』と吠えるクレーマー。直後、意外な行動に対応した男性は出た!

電話先で『上司を出せ』と吠えるクレーマー。直後、意外な行動に対応した男性は出た!

クレームの対応ってとても大変ですよね?

サービスに対する苦情や改善要求などを指摘してくれるのはありがたい事ですが、

時には冷静さなどを持ち合わせていないクレーマーも存在することも・・・

今回紹介するのは「クレーム対応」をめぐるエピソードです!

ぜひご覧ください。

クレーマーとは?

クレームをつける消費者を「クレーマー」と呼ぶ。

日本では、しつこくクレームをつけたり、言いがかりと思われるようなクレームをつけたりする消費者のことのみをクレーマーと呼ぶこともある。

クレーマーは、2000年代後半頃に徐々に注目を浴びるようになった。背景には、以下の要因が指摘されている。

インターネット(常時接続)、携帯電話の発達により、消費者の権利として「モノ言う消費者」の場と手段が広がった。

常時接続が地方に普及する前の時期では、消費者が企業への苦情は企業が設けたサポートセンターなどの電話のみで、なおかつフリーダイヤルは、ほぼ皆無であった。そのため、企業が用意した型に沿ってしか対応をしてもらえず、また苦情を言うためのコスト(時間、通話料金、郵便料金)が高く、他の消費者へ苦情の内容が伝わる事が出来無かった(フリーダイヤルであっても、通話に時間を要することは変わらない)。

しかし、ブロードバンドインターネット接続の普及により、消費者苦情の環境が変わる。電子メールは、電話よりも遙かに効率的に、企業の消費者対応部門や企業幹部へ多数の苦情を送りつけることができ、動画共有サイトやブログは、多くの消費者へ苦情の内容を豊富に伝えた。特に文字と違い、動画や写真を添付すればインパクトが強く、強力な武器となった。携帯電話の発達や音声通話定額制は、場所を選ばずに情報を集め、苦情を言うことが出来る様になった。

引用元:クレーム – Wikipedia

スポンサードリンク

電話で「上司を出せ」と言われたので・・・

なるほど!そのようなやり方があったんですね(*‘ω‘ *)

とても参考になる分析ですね。

スポンサードリンク

ネットの反応

スポンサードリンク

いかがでしたか?

大胆すぎる解決策に、他のユーザーからも笑いと称賛の声が沸き起こっていました。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

おすすめ動画

「日常まんが動画」のチャンネル登録はこちらです(*‘ω‘ *)

http://www.youtube.com/

【※ちょっとひといき漫画動画Part2】俺『ラーメン、ネギ抜きで』するとネギ大盛りラーメンが出てきた!お金を置いて店を出ようとしたら・・・

【※ちょっとひといき漫画動画Part1】友人に貸した軽トラがガソリン空で返ってきた・・・友人がまた貸してと言ってきて・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。