【※あなたは知っていますか?】『AEDの使い方』 知っておくことで助かる命があります!

あなたは知っていますか?『AEDの使い方』 知っておくことで助かる命があります!

最近よく目にするようになった自動体外式除細動器(AED)。

自動体外式除細動器(AED)とは・・・

突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

突然心停止の最も一般的な原因である心室細動(VF)・心室頻拍(VT) の際に使用されます。

心筋の不規則な震えである心室細動・心室頻拍がおこると心臓から全身に血液を送ることができなくなり、回復しなければ命を落とします。

心室細動・心室頻拍によって脳や臓器に血液が届かなくなる時間が長いほど、リスクが高くなります。

したがって、突然心停止が発症したら、直ちに心肺蘇生と除細動電気ショックを実施することが非常に重要です。

あなたはこのAEDは何をするものなのか、またどうやって使うのか知っていますか?

人の命を救える機器がそこにあるのに、使われないまま命を落とすという事故が多く起きているそうです。

2011年、さいたま市の小学校で駅伝の練習中に倒れた女の子がそのまま帰らぬ人になるという事故が起きました。

女の子は倒れた後保健室に運ばれましたが、そこにあったAEDを誰も使用せず、教員達はただ声をかけるだけだったといいます。

救急車が到着したのは、女の子が倒れてから11分後でした。

スポンサードリンク

心停止後何もしないと、救命率は1分ごとに10%ずつ下がると言われています。

しかし、救急車到着前にAEDで電気ショックが与えられれば、救命率は約5倍に伸びるんだそう。

ですが、使ったこともないAEDをいきなり使うのは少し躊躇しますよね?

患者の状態がよくわからないまま電気ショックを与えていいものか・・・

ですが、AEDには心電図の解析機能も備わっているのです。

電源を入れて電極を体に設置さえすれば、あとは自動で電気ショックの必要性を判断し、

必要な場合のみ『ボタンを押して電気ショックを行ってください』と指示をしてくれるそうです。

電気ショックが必要かどうかの判断もAEDがしてくれるなんて知りませんでしたね!

ですが、実際の手順や使い方の注意点は知っておいた方がいいので、

みなさんもこの機会に、ぜひAEDの使い方を覚えておいてみて下さいね!

AEDの使い方

スポンサードリンク

いかがでしたか?

突然の事態でもAEDをためらうことなく使えるように、一人でも多くに人にAEDのことについて知っておいてほしいですね。

知っておくことで助かる命があるということをぜひ多くに人に知ってほしいと思います!

出典元:twitter youtube

(twitter youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。