【※感動の奇跡が・・・!】『出産直後に息を引き取った23歳の母親』最期に赤ちゃんを彼女の胸元に寝かせてあげた時、奇跡が・・・!

『出産直後に息を引き取った23歳の母親』最期に赤ちゃんを彼女の胸元に寝かせてあげた時、奇跡が・・・!

今回ご紹介するのは、本当に起こった奇跡の実話です。

ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

アメリカのノースカロライナ州コンコルドに住む23歳のシェリー・カウレーさん。

ご夫婦ともに、初めての出産をとても楽しみにしていました。

しかし出産当日に、誰も予想できない事が発生。

陣痛が始まった途端、シェリーさんの容態が急変したのです。

そこで、緊急の帝王切開が行われることになりました。

赤ちゃんは元気で無事に生まれてくることができました

帝王切開の手術で、赤ちゃんは元気で無事に生まれてくることができました。

しかしママであるシェリーさん自身は、手術中に動脈に大きな血栓ができ、

意識を失ってしまったのです。

手術室には緊張の空気が走り、医師たちはあらゆる手をつくして

生き返るよう対処をしました。

しかし絶望的な状況となってしまいます・・・

出産直後に息を引き取った23歳の母親

赤ちゃんの命と引き換えに、ママは一生目を覚まさなくなる・・・

付き添ったパパは、後にこう語っています。

「初めての子どもが生まれてきて、これ以上ないほど嬉しかった。

なのに、その直後妻と一生のお別れになるなんて・・・

事実が受け入れられず、呆然としました。」

もうシェリーさんの意識を戻す方法はありませんでした。

わらにもすがる思いで、看護師さんが最後の手段として思いついたのが・・・

スポンサードリンク

赤ちゃんの肌や心臓の音を感じ、

泣き声を聞いたら母としての本能を呼び起こすことができるのでは?

と看護師さんは思ったそうです。

赤ちゃんをママの胸にそっと寝かせました。

しかしママの肌に触れた瞬間、赤ちゃんは泣くのをやめてしまったそうです。

きっと安心したのでしょう。

すやすやと寝だしてしまいました。

これでは、泣き声がお母さんに届きません。

祈るような気持ちで看護師さんたちは、裸の赤ちゃんをくすぐったり、

体に触れたりして刺激をしました。

それでもなかなか泣かないのです。

長い10分が過ぎ、ようやく赤ちゃんが泣き声をあげました。

すると・・・奇跡が起こったのです!

赤ちゃんの泣き声を受けて、それにこたえるように、

シェリーさんの心拍計が再び反応を始めたのです。

これを見て、その場にいた全員が安堵しました。

スポンサードリンク

母親のシェリーさんの容体は回復し、出産から1週間後に

意識を取り戻し、ようやく赤ちゃんを抱くことができたのです。

赤ちゃんはライアンと名付けられ、すくすく成長しました。

シェリーさんも容体が順調に回復していきました。

一時はこの世を去るか去らないかの境をさまよってしまいましたが、ライランちゃんと共に今は幸せに過ごしています。

無事に一歳のお誕生日も迎えられました。

今では二人とも元気に幸せいっぱいの毎日を送っています。

ライランちゃんが大きくなった時、

「あなたが私の命を救ってくれたのよ」

とシェリーさんは是非教えたいと考えています。

きっとそれを聞いたとき、誇らしく感じるでしょう。

ライランちゃんの愛くるしい笑顔。

これからも母の深い愛情の中で、すくすくと大きくなっていくのでしょうね。

今からとても楽しみです。

画像出典:hefty

スポンサードリンク

いかがでしたか?

奇跡って本当にあるんですね!

もしあきらめてしまっていたら、この様な奇跡は起こらなかったかもしれませんね。

何事もあきらめないで最善を尽くす!

これがとても大切なことなのだなと思いました。

出典元:hefty

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。