【※紅の豚のエンディング】エンディングで豚が沢山描かれているのをご存知ですか?『ある思い』が反映されているそうです

画像出典:twitter

エンディングで豚が沢山描かれているのをご存知ですか?『ある思い』が反映されているそうです

ジブリの紅の豚のエンディングを見たことがありますか?

金曜ロードショーで時々放送されているので見た方もいるかと思います。

今回紹介するのはエンディングに隠された『ある思い』についてです。

先日ご紹介したポルコの理想の上司っぷり以外にもとても興味深い内容ですのでご覧ください。

紅の豚とは?

『紅の豚』(くれないのぶた)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品。アニメーション映画として1992年7月18日から東宝系で公開された。

原作は月刊モデルグラフィックスに連載していた漫画『宮崎駿の雑想ノート』の中の「飛行艇時代」。

監督は宮崎駿。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。

この作品以降、スタジオジブリ映画における宮崎駿監督作品は全て東宝系での公開となった。

スタジオジブリ作品では初めて、ヒロイン役を演じた役者本人が主題歌を歌っている。

引用元:紅の豚 – Wikipedia

スポンサードリンク

エンディングの絵に隠された思い

ネットの反応はというと・・・

スポンサードリンク

https://twitter.com/amisawa2111/status/1058448199130771458

スポンサードリンク

それから、ジーナの賭けの結果ですが・・・

賭けの結果は・・・(*‘ω‘ *)

画像の通りです!!

スポンサードリンク

いかがでしたか?

『人が大量に消費されたという皮肉』という事でしょうか?

皆さんのご感想お待ちしております。

作品が公開されてからも隠された発見があるってすごいですよね!!

もう一度見直してみたい作品だと思いました。

出典元:twitter
(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。