【※ラグビーW杯】8歳の男の子がマスコットキッズを務めた。ウルグアイ戦でとった『まさかの行動』に胸が熱くなる(動画)

ラグビーW杯。8歳の男の子がマスコットキッズを務めた。ウルグアイ戦でとった『まさかの行動』に胸が熱くなる!!

今回紹介するのは、ラグビーワールドカップ(@rugbyworldcupjp)さんが投稿した8歳の男の子がマスコットキッズのまさかの行動を撮影した動画です。

ぜひご覧ください。

ウルグアイ戦でとった『まさかの行動』に胸が熱くなる

2019年9月25日、『ラグビーワールドカップ2019日本大会』1次リーグD組、ウルグアイ vs フィジーの試合が、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われました。

この試合で、選手と共に手を繋いでグラウンドへと入場するマスコットキッズを務めた8歳の少年の行動が大変話題になっています。

沢山練習したのだと思います。一生懸命歌っていますね!

スポンサードリンク

サンケイスポーツではこう報じています

ウルグアイのガミナラ主将は選手と一緒に入場した「エスコートキッズ」が国歌演奏の際に、ウルグアイ国歌をスペイン語で一緒に歌ってくれたことに「すごくびっくりした」と驚いた。

試合前に大きな力をもらい、W杯で16年ぶりの勝利を手にした。

「本当にうれしくなった。日本の皆さんにお礼を申し上げたい」と語り、最後は日本語で「ありがとう」と、感謝の言葉をお返しに残した。

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。