【※ありがとうニャー】ある日衰弱する子猫を発見。すると・・・救ってくれた人の腕を子猫が抱きしめた♡

画像出典:youtube

ある日衰弱する子猫を発見。すると・・・救ってくれた人の腕を子猫が抱きしめた♡

今回ご紹介するのは、ある女性と一匹の子猫のお話です。

ある日のこと、ムーングレード・ローズさんは

実家への帰り道にガソリンスタンドに寄りました。

そこでローズさんは目を疑う光景を目の当たりにします!

なんとガソリン溜まりの中に幼い子猫を発見したのです。

子猫はとても衰弱しており、今にも危険な状態でした。

子猫の状態を見て、絶対に助けたい!と思ったローズさんは、

子猫を保護することにしました。

そして子猫に『アンディー』と名付けました。

アンディーに愛情を注ぐローズさん

ローズさんは2日間も付きっ切りで、アンディーを見守り続けました。

アンディーはひとりになるのが怖いようで、

『ずっと泣き続けていた』とローズさんは言います。

ローズさんがアンディーのベッドに腕を置くと、アンディーは腕に抱きついてきて、

その腕にママの温もりを感じたのか、そのまま眠ってしまったそうです。

画像出典:youtube

ローズさんの温かみを感じたアンディーは、徐々に元気を取り戻していきました。

保護されたアンディーは当初、毛がボロボロで艶がありませんでしたが、

体調が回復するにつれて健康な毛並みに戻っていきました。

アンディーはローズさんのことが大好きになり、

いつもローズさんに寄り添い甘えるようになったそうです。

画像出典:youtube

スポンサードリンク

アンディーは産まれてすぐに、母猫に置き去りにされてしまったのです。

アンディーは独りぼっちの寂しさが忘れられないのか、

誰かを抱きしめていないと眠りにつけないそう。

アンディーの暮らし始めた家では、先住犬のパグがいます。

先住犬はすぐにアンディーのことを気に入り、優しく迎え入れてくれたそうです。

寂しがり屋のアンディーは、毎日ローズさんの腕に抱きつき甘えているそうです。

画像出典:youtube

まるで自分が独りではないことを確認しているかのようですね。

そんなアンディーを見てローズさんはこう語っています。

『私は現在、アンディーなしでは眠ることができません。アンディーは私の身体の一部です』

寂しがり屋のアンディーは1歳になりました。

随分と身体が大きくなったアンディー。

しかし、腕を抱きしめる行動は今も続いています。

画像出典:youtube

スポンサードリンク

ネットの反応

・なんて素晴らしい話なんでしょう!

・涙がちょっとこぼれ落ちました。

あなたを誇りに思います。とても良い行動をしている!

・子猫はあなたに救われて幸運でしたね。

・子猫を保護してくれてありがとう、子猫はきっと感謝しています。

いかがでしたか?

とてもほっこりするお話でしたね!

アンディーとローズさんは、出会った時から変わらず愛情を注ぎ合っているようです。

こうして衰弱した状態で見つかったアンディーは、

ローズさんのおかげで幸せな毎日を手にすることができました。

ローズさんに命を助けてもらったアンディーは、

今日もローズさんの愛情を受けて幸せに暮らしていることでしょう!

出典元:youtube

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。