おっさん「こんな時間にどうしたの?乗りなさい」私(怪しい…)断ったが5分後に同じ車が戻ってきて…(゚д゚)!

おっさん「こんな時間にどうしたの?乗りなさい」私(怪しい…)断ったが5分後に同じ車が戻ってきて…(゚д゚)!

今回紹介するのは、ある女の子が体験したお話です。

ぜひご覧ください。

暗い夜道を自転車を押して帰る私

私が高3の頃の話です。

私は家~学校まで13キロほどを自転車通学してました。

通学途中のスーパーでバイトをして夜8時くらいに自転車で帰っていると

突然タイヤがパンクして乗れなくなり手で自転車を押して帰ることにしました。

携帯で親に電話しても出なくて懸命に残り10キロを歩くことにしました。

途中、車通りも少ないところで3人組の若い男の人らにナンパをされシカトして歩きました。

10分ほど付き纏われ気の強い自分も多少恐くなってきました。

また戻って来たらどうしよう…とか、不安で泣きそうでした。

人気のない道を歩いている時、もう9時半になっていて周りは家もなくたんぼだけ…

恐くて泣きそうになっているとまた、スーッとセダンの車が横に着け

「どうしたの?こんな時間に!あぶないよ?」

と言ってきました。いかにもなおじさん。

スポンサードリンク

「送っていくから乗りなさい!」としつこい。

私はシカトするのも恐くなり「すぐそこなんで…」と言うと

「どこ?近くでも危ないから乗りなさい!」と乗れ乗れとしつこい。

「いいです!!」とキレ気味で言うと急スピードで去っていきました。

なんで急スピードなんだよ!と思っていると

5分くらいしてまた同じセダンの車がスーッと横に付けました。

「終わった…」と正直思いました。

でも、その車からはおばさんの声がしました。

「どうしたの?パンク?送るから乗っていいよ?」と言われキョトーンとしていると

「さっき、私の主人に声かけられたでしょ?

あなたが警戒してたみたいだから私に危ないから行ってこいってしつこいから来たのよ?」

って言われて、声にならないほど胸と鼻辺りがズキューンとして泣きそうになった…

「危ないおじさんに付いて行っちゃダメよ!」と笑いながら話してくれたおばさん。

てか、夜道に不安ピークで自意識過剰になった自分にもムカついたけど…

その後両親とご挨拶に行き、毎年年賀状を書いています。

-終わり-

スポンサードリンク

ネットの反応

・やべ。まじいい話だった。涙出てきた。
世の中にはいい人っているんだな。

・よかったねぇぇぇ!!
いい出会いを大事にしてくださいな。

・全然、自意識過剰じゃないよ!
それはおじさんもおばさんも解ってくれてるさ。

・いい話だなぁ。
おじさんとおばさんもだが、あなたのその後の対応も素晴らしい!
若いヤツは…と思うことが最近多い世の中だけど、まだまだ捨てたもんじゃないな。

いかがでしたか?

とてもいいお話でしたね(*^-^*)

暗い夜道で警戒するのも無理ありません(^^)

おじさんおばさんがいい方でよかったですね。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:2ch.sc

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。