愛知県の大村知事「『検査を増やしたら医療が壊れる』と意図的にデマが流す方がおられるようですが、そんなバカな話はない」が話題

愛知県の大村知事「『検査を増やしたら医療が壊れる』と意図的にデマが流す方がおられるようですが、そんなバカな話はない」が話題

感染者が121人と、全国で2番目に多い愛知県の大村秀章知事は、16日の会見で「市中感染が拡大しているわけでない」と話し、医療体制は整っていると強調しました。

今回紹介するのは、愛知県・大村知事の会見での興味深い発言です。

ぜひご覧ください。

大村知事「『検査を増やしたら医療が壊れる』と意図的にデマが流す方がおられるようですが、そんなバカな話はない」

スポンサードリンク

大村知事

大村 秀章は、日本の政治家、農水官僚。愛知県知事、日本一愛知の会会長。
生年月日:1960年3月9日 (年齢 60歳)

大村秀章 – Wikipedia

ネットの反応

スポンサードリンク

・なんだか、北海道や大阪の知事に比べてずいぶん真剣味というか切迫感が無いですね。「意図的にデマを流す方」とか、すでに特定方向にバイアスがかかったような見方をしてるのが、本当に県民の方々は気の毒だと思います。

・首長選びは本当に重要

・遂に玉川超えたな

・これで良いのか?大丈夫か?愛知県民。

TVメディアの報道の方向性も変わってきていますが・・・

いかがでしたか?

大村知事の判断は正しいのでしょうか?それとも・・・。

今は、行動しなければ手遅れになるので大村知事の対応の結果が出てから判断することになると思います・・・。

現場の医療関係者の皆様、本当にご対応ありがとうございます。

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。