【※国民を守る気が無いのはどっちだ!?】専門家じゃない立憲・蓮舫氏「PCR検査を多く実施することで治療法を迅速に確立することができると我々は提案します!」が話題

専門家じゃない立憲・蓮舫氏「PCR検査を多く実施することで治療法を迅速に確立することができると我々は提案します!」が話題

現在国会にて、感染者対応などに関して様々な議論が進んでおります。

『国民の命がかかている!』『危機感が足りない』など政府への野党からの批判がありますが、果たして野党の言っていることは正しいのでしょうか?

PCR検査についてはTVのワイドショーなども件数を増やすことは医療崩壊につながる事に気づき始めて報道の方向性をかえています。

にもかかわらず、野党は不思議な提案を始めます・・・。

今回紹介するのは、専門家じゃない立憲・蓮舫氏の不思議な提案についての話題です。

ぜひご覧ください。

専門家じゃない立憲・蓮舫氏の提案をご覧ください

なるほど。件数を増やして治療方法を確立する提案・・・。

いつもは『総理は専門家の意見を聞いたのか?』と言っているのに今度は『総理の意見が聞きたい』と言っています。

スポンサードリンク

蓮舫議員

蓮舫は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員。立憲民主党副代表兼参議院幹事長。

菅内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。野田内閣で内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣を務めたほか、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表を歴任した。

生年月日: 1967年11月28日 (年齢 52歳)

蓮舫 – Wikipedia

メディアの報道の方向性も変ってきています

ネットの反応

スポンサードリンク

・なんで沢山検査したら治療法が迅速に確立するんだよ

・これ、今日の国会で言ってるんですか?最新情報を何も学んでないんですね。

・必要な人にはやるべきだけど現状の法律だと軽症者も入院させないといけないので医療崩壊の懸念が生じる。であるなら医師に判断で軽症者は自宅待機できるよう法改正を促すのが野党の役割では

・世界の流れが変化していることすら知らないのか

・医療については医者がジャッジすること。そんなの人間だったら誰でもわかること。

・現場に携わる医師の意見を聞かずに上が勝手に暴走して決めたら現場の医師が困るんだよ。現場の声を尊重するのが道理

・野党こそ国民を守る気がないんじゃないの

いかがでしたか?

これが今の野党議員さんの現状なんですね・・・。

もっとまともな提案や指摘が出来れば支持されるのにもったいないですねー。

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。