安倍首相「国際条約を破っている」の発言に対して隣国高官「輸出管理ではなく、歴史問題に起因した・・・」が話題

安倍首相の発言に対して隣国高官「輸出管理ではなく、歴史問題に起因した・・・」が話題

今回紹介するのは、安倍晋三首相の「国際条約を破っている」に対する隣国の発言です。

ぜひご覧ください。

まずは安倍首相の発言

首相は正しい。約束守っていない側が絶対よくない。

スポンサードリンク

この発言に対して隣国

趙氏は「安倍政権は真実から顔を背けてはいけない。過去を否定し、人権を無視し、自由貿易秩序を乱す利己的な態度を捨てなければならない」とした。

ネットの反応

スポンサードリンク

・当然だよ! 約束を破る・守らない人と付き合いたいと思う?

・批判もいいけど断交も検討してださいね

・何年も前から破り続けてるんだよなぁ…

・約束を守れ、以外何もいう事ないな。一切の妥協は不要でございます。

・基本的にこれだけでいいよ、ただ約束守れ、でかなきゃ今後も付き合えない。

・安倍首相を全面から支持します。

いかがでしたか?

ここまで言われても隣国のトップは理解できていないのでしょうかねぇ・・・(T_T)

皆さんはどう思いましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。